「国民の最大の関心事は」国民の暮らしと自国の平和です。
「世界の人々の最大の関心事は」世界の人々の暮らしと世界の平和です。

国民の暮らしを良くするために、世界平和を達成するために、あなたも立ち上がって行動を起こしましょう。
ペンと口とネットと行動力で、わが国を変えましょう。世界を変えましょう。

世界平和の呼びかけ人
笠井 英嗣

一. 国民の暮らしを良くするために、自国の軍備費を減らしましょう。
一. 軍備費を減らすには、自国の防衛は、自国の力だけで守らずとも、世界の国々が、平和のもとに手を組んで、一致団結して、力を合わせて、世界中の国々で守り合いをすれば軍備費を減らすことが出来ます。
一. 世界が1つに団結して、世界中の国々で守り合いをすれば、各国の軍備費は、現在の40%に大幅に削減できます。
一. 自国の防衛も、経済と同じく、効率化を求めて、国境を無くして、国際化をはかり、自国防衛方式より全地球的規模のグローバル体制による、世界防衛方式に早く転換しましょう。
「世界が上記を実行すると、結果として」
(1) 国民の暮らしが良くなります。
(2) 子どもや孫の将来に、今の平和を残せます。
(3) 世界の貧困者を救えます。
(4) 軍備拡大競争をストップさせることが出来ます。
(5) 核戦争の脅威が無くなります。
(6) 世界から戦争の危険が無くなります。
(7) 世界平和が達成されます。
(8) 人類の相続と人類の明るい未来が開けます。
一. 平和のために世界が1つになろう。
平和のために世界が団結しよう。
一. 世界が平和になるには、世界各国が、平和のために1つに団結しなければ、世界平和は達成されません。
一.  世界が1つになるには、始めは2ヶ国同志が、平和のもとに手を組んで、10ヶ国、50ヶ国、100ヶ国、150ヶ国、200ヶ国へと、どんどん加盟国を世界へ増やして行きましょう。
一. 世界で起きる紛争やもめごとは、その国だけの問題とせずに、世界の問題としてとらえて、国際法に基づいて、世界で解決しましょう。
一. 国際法と国際ルールを守らず、世界の秩序を乱す国家又は勢力に対しては、世界が1つに団結して、断固として立ち向かいましょう。
一.  国民の暮らしを良くするために、子どもや孫の将来に今の平和を残すために、世界平和を達成するために、あなたも立ち上がって行動を起こしましょう。ペンと口とネットと行動力で、わが国を変えましょう。世界を変えましょう。

 

下記ホームページ&ブログもご高覧下さい。

http://sekaikakkoku.blog.fc2.com
https://heiwamessage.com